ldlコレステロールを滅ぼすには|健康を維持する

レディー

現代社会では目を酷使

目頭を押さえる人

現代病でもある

目の疲れは現代病の一つです。毎日パソコンに向かう作業などをしているなど目には悪い環境です。特にスマートフォンや、タブレット端末などが普及することにより目を酷使する時間は日々長くなっています。単純な疲れ目であれば一晩睡眠をとることですっきりと疲れをとることができますが、慢性的な疲れ目は、眼精疲労になる可能性が高くなります。眼精疲労は睡眠をとっても疲れが取れにくい状態であり、目だけではなく、体の他の部位にも支障をきたすことになります。よくある症状は頭痛やめまい、そして肩こりなどです。眼精疲労になるとこれらの症状が改善されないどころか日増しに悪化していくのです。そのため目に疲労を蓄積しないように対策することが大事になります。

目を休ませることが第一

対策はいろいろありますが、目を定期的に休ませることが大事です。定期的な休みを目に与えることによって疲れを蓄積させないようにすることができます。蒸しタオルで温めることや軽くマッサージするとさらに効果的です。できれば、入浴の時間などにこれらを行うとさらに効果が増します。そして目に優しい成分を摂取することです。アントシアニンやルテインなどはブルーベリーなどに含まれる目に優しい有効成分です。これらを積極的に摂取することで疲れ目を軽減させることにつながります。ブルーベリーは果物をそのまま食べても良いですし、ジャムなどを購入してパンと一緒に食べるのもよいでしょう。またブルーベリー独特の味や酸味が苦手という方は、成分だけ抽出したサプリメントの利用が最適です。サプリメントなら味を気にする必要もないため、どなたでも簡単に眼精疲労を解消することが出来るでしょう。